【4月19日】

城山公園で行われた真岡地区戦没者慰霊祭に出席した。

この慰霊祭は、戊辰戦争以後、真岡地区(旧真岡町)出身・在住で戦死した390柱を祀るもので、毎年この時期に開催されている。

今回は、真岡地区遺族会の役員が新体制になって初めての慰霊祭だった。

例年よりも出席者が多かったことは大変ありがたいし、役員の1人としてホッとしている。

しかし、出席者の高齢化が年々進んでいることは痛感している。できるだけ早い時期に遺族会と他団体が連携して、戦争の悲惨さを語り継いでいく取り組みができる仕組みを整えていかねばならないと思う。