【5月16日】

臨時議会が行われ、新しい議長には柴惠議員(3期・自民)、副議長には荒川洋子議員(4期・公明)が選出された。

昨春の市議選直後に会派の再編成が行われたことにより、現在は袂を分かっているが、お二人とも以前は同じ会派で活動をしてきた方々である。心からお祝いを申し上げたい。

今、真岡市議会の中で早急に取り組んでいかねばならない課題は、何と言っても議会制度の見直しと活性化である。

昨年9月から『議会活性化等検討委員会』が結成され、私も4・5期議員の代表として委員会のメンバーに加わっているが、改革の進み具合としてはまだまだである。

今回選ばれた新しい正副議長ともに、議会改革の流れを加速していければ…を思う次第。

中村かずひこ通信64号