【7月1日】

真岡市民で、平成28年春の叙勲の栄に浴された方々をお祝いする『叙勲祝賀会』に出席した。

今回、叙勲を受けた方々(真岡市からは8名で、そのうち5名がこの日の祝賀会に出席)の中には、恩師のご主人がいたり、友人の父親がいたり…。以前から知っている身近な人が叙勲の対象者になるというのは、それだけで私達も嬉しい気持ちに浸れる。

教育、防衛、地方自治等々、いずれの方々も、長年にわたってそれぞれの分野で活躍され、国や地域のために貢献されてきたのだが、30年以上にわたって統計調査員として活躍された功績で叙勲を受けられた柳アサさんが、『この叙勲を励みに、これからも頑張り続けたい』とスピーチされたことに、私はとても感激した。

叙勲をゴールとせず、新たなスタートと考えているその意気込み。我々若い者も負けていられない!