【7月19日】

002『関東若手市議会議員の会栃木ブロック』主催の研修会が、地元の真岡市で行われた。

今回の研修テーマは『防災対策』と『まちなか保健室』の2本立てだった。

007真岡市は近年、東日本大震災、竜巻、そして大雪と、様々な自然災害に見舞われてきた。そうした経験を踏まえて、真岡市の防災対策がどのように強化されてきたのか…。今回参加した議員から、住民に対する啓蒙、障がい者や高齢者への対応など、具体的な課題が指摘されたことで、真岡市が防災計画の中でさらに強化しなければならない部分が見えてきたように思えた。

013一方、『まちなか保健室』は、平成26年10月に真岡駅前の空き店舗を活用して開設された。現在、地元・台町の自治会が管理運営を行っており、住民と協働で『介護予防』の課題に取り組んでいるのが大きな特徴。

015今回の研修では、実際に施設を見学し、台町自治会の中野貢司会長など関係者からお話を伺った。

この『まちなか保健室』については、研修に参加した議員からの評価が予想以上に高く、早速自分の市に戻り、資料を担当職員に見せながら意見交換を行った議員もいたらしい。

議員の視察・研修というのは、市外で先進事例などを学ぶケースがどうしても多くなるが、こうして市外の方々から様々な意見をいただきながら、自分の住む市を『視察者』の1人として眺めてみると、これまで気づかなかった魅力や課題について新しい発見がある。