【7月28日~29日】

『全国若手市議会議員の会』の役員会と研修会が北海道札幌市で行われた。

この会は、毎年9月に新しい年度を迎えるのが1つの特徴となっている。そういうこともあり、この時期は全国、関東、県とそれぞれの組織で会議や研修会が続く。

この週は、26日(火)にも『関東若手市議会議員の会』の役員会と研修会が、東京都豊島区で行われたこともあり、いささかハードな日程となっている…。

今回のスケジュールは以下の通りだった。

 

 

 

28日 13:30~15:00 全国役員会
001 15:30~17:00 研修①『運動部活動アスリート派遣事業について』
講師:A-Bank北海道代表 曽田雄志氏ほか
006 29日  9:30~11:30 研修②『地方創生と最近の若手議員像について』

講師:室蘭市長 青山剛氏

今回講師を務められた曽田雄志氏は、Jリーグのコンサドーレ札幌の選手として活躍し、『ミスターコンサドーレ』とも呼ばれていた。引退後に『A-Bank北海道』を立ち上げ、北海道に縁のあるアスリート達による子ども達のスポーツ指導の仕組みを創り出した。

曽田氏のように『これまで培ってきたスキルを活かして地域に貢献したい』と考えているスポーツ選手は決して少なくない。ただし、行政を含め地域全体として、その熱意を受け止められるケースは極めて稀である。財政的な面もさることながら、異なる競技種目間の垣根が高いことも大きな課題と言える。

そうした中で、札幌市が曽田氏のアイデアをうまく取り入れながら、野球、サッカー、バレー、陸上などで活躍した元選手を教育現場に送り込んでいる方法は、真岡市が今後様々なスポーツチームの選手達のスキルを活用していく場合、先行事例として学ぶべき点が多かった。

室蘭市の青山剛市長は、現在38歳。地縁・血縁の乏しかった室蘭市で(青山市長は札幌市出身)25歳の時に市議選に初挑戦して2期連続トップ当選。そして33歳で市長に就任。今もなお『全国若手市議会議員の会』の会員でもある。

この講演を通じて、我々がそれぞれの地元において、地方創生を成し遂げていくために必要な心構えとは何か、執行部サイドにいる仲間からの視点で再認識できたことは、極めて有意義だったと思う。