【9月8日①】

h28%e5%b9%b49%e6%9c%88%e8%ad%b0%e4%bc%9a2質疑・一般質問の2日目。私はこの日の2人目として登壇し、

1.投票率向上等の課題について

(1)7月に行われた参議院議員選挙について

(2)主権者教育について

(3)投票所のあり方について

2.防災対策について

(1)防災計画の見直し等について

(2)災害図上訓練の普及について

(3)高齢者や障がい者等への対応について

3.今後の観光戦略について

(1)観光客入込数について

(2)コンセプト・動線の構築について

(3)大学生等の合宿誘致について

(4)NHK大河ドラマの誘致活動について

4.起業家の支援について

(1)『チャレンジショップ』及び『空き店舗バンク』について

といった課題について一般質問を行った。

このうち防災対策については、災害時でも業務を続けるために職員の参集体制などを定める『業務継続計画』を今年度末までに策定するとのことだった。また、真岡市では視覚障がい者向けの防災マップが存在していないが、これについても今後検討していくという前向きな答弁が得られた。

その一方で観光戦略については、観光客数の増加に向けて真岡市がどういう方針を掲げて事業を展開していこうとしているのか、具体的に見えてこなかったというのが正直な感想である。

無論、今回私が申し述べた『大学生等の合宿誘致』や『NHK大河ドラマの誘致活動』が答えの全てではないが、では一体何をやろうとしているのか…?その点はぜひ明確なプランを執行部に示してほしいと思う。

(余談)

h28%e5%b9%b49%e6%9c%88%e8%ad%b0%e4%bc%9a1今回、質問で取り上げた『NHK大河ドラマの誘致』については、『全国若手市議会議員の会』の会長で、千葉県香取市議会議員の伊藤友則さんから『ぜひ参考資料に使って…』と、

香取市の誘致活動(伊能忠敬の出身地)で実際に使われているポスターやのぼりなどのグッズを送っていただいた。本当に感謝、感謝である。

香取市では、関係各機関が一丸となった誘致活動を数年前から展開している。

真岡市でも何か市民が心を合わせて盛り上がれる取り組みができないものだろうか。