【9月8日②】

質疑・一般質問終了後、真岡地区の区長会と地区議員団による意見交換会が行われた。

9月定例議会では、質疑・一般質問2日目の午前中に真岡地区の区長さん達が議会を傍聴し、その夜に意見交換会を行うことが毎年恒例となっている。

昼間行われた議会では、質問者⇒議員、答弁者⇒市長、傍聴者⇒区長だった。しかし、この意見交換会では、質問者⇒区長、答弁者⇒議員、傍聴者⇒市長に役割が入れ替わる。

区長さん達からどういう意見・要望が出されるのか分からないので、答える側としてはいささか緊張する(議会における市長の大変さも少しは分かるような…)。

『市職員の対応について』、『子ども会の加入率低下について』、『防犯パトロールの充実化について』等々…、さらには議会改革に関する貴重なご意見も頂戴した。

全ての要望に対して、すぐに解決するというのは難しいことかも知れないが、区長さん達が我々に伝えている意見というのは、日頃各地域で住民の皆さんから受けているものでもある。しっかりと受け止めながら、解決・改善に導いていかねばならないと思う。