【 10月27日】

aomtjfgqisng84mefzdtfuycsmh1ckbjunr_h652z_kizlhyqibtonhpzhsfwxxjfidw4b06f6nvw1206-h904-no芳賀町で行われた真岡青年会議所の事業『創生プロジェクト報告会』に、コメンテーターとしてお招きいただいた。

この1年間、青年会議所のメンバーと各市町の若手行政職員有志が一体となって、地域の課題と今後の取り組みについて議論を重ねてきた。

今回の報告会では、真岡市が市街化調整区域の活用について、芳賀町が農業の振興について、益子町が空き家対策について、そして高根沢町が周辺自治体との連携について、それぞれ考えを披露した。

qsvcqp7khd6gilusliyqnwkwzig_barnromaumay-4yeqdzmwxpn7rhtswkchhua_zx9b4pz5pdvw1206-h904-no『市民と行政の協働』ということが叫ばれて久しい。しかし、今もかなり多くの行政マンが、市民と同じ土俵に立ちながら『自分は行司役』と思い込んでいるような気がする。

そうした中、真岡市を含めて4つの自治体の若手職員が、青年会議所のメンバーと知恵を出し合いながら(行政マンと経済人では考え方が異なるので、多分色々な場面でぶつかり合いもしたでしょうが…)、根気強く話し合いを続けてきたことに感心させられた。

ぜひ、こうした機会は今後も続けてほしいと思う。