【3月2日~3日】

市議会の民生文教常任委員会が、2日間にわたって行われた。

今回の主要議題は、平成29年度の当初予算について。

民生文教常任委員会が担当するのは、健康福祉部及び教育委員会に属する

いきいき高齢課、児童福祉課、三つ子の魂推進室、健康増進課、社会福祉課、学校教育課、

生涯学習課、文化課、スポーツ振興課、学校給食センター、自然教育センター、科学教育センター

という12課。これらの課の予算審査を2日間かけて行った。

民生文教常任委員会の特徴の1つは、積極的に質問や問題提起をする議員が多いということ。様々な質問が飛び交い『あ~、そういう考え方もあるのか』と、他の議員から学ばされることも非常に多い。

そういう状況のため、2日間とも審議時間は予定を大幅にオーバーしてしまった。特に初日は市役所の閉庁時間を過ぎても、審議が続いているような状況だった(重要な政策課題が多いので、我々としても力が入ってしまうのです)。