【3月14日】

2月定例議会が閉会。今回の定例議会では『平成29年度一般会計予算』をはじめとする39議案が可決した。

このうち、一般会計に計上されていた『まちのお休み処』に対する観光協会への補助金987万1千円について、削除を求める修正動議が自民党議員会から提出され、採決の結果賛成13、反対7で可決された。

私も自民党議員会の修正動議に対して、賛成の立場から討論(賛成討論の内容はこちら)をさせていただいた。

今回の計画では、『まちのお休み処』の運営を観光協会に委ねることになっているが、やはり施設運営については、民間事業者などに対して一般公募の方法を取るべきだったと思う。

また、運営費の根拠についても、来場者や客単価(1日平均30名、客単価を300円程度と設定)を低く見込んでいる一方で、『商品企画アドバイザー』を配置することになっており、整合性・合理性を欠いているように感じた。

アドバイザーを配置するほど力を入れるのであれば、あまりにも数値設定が低すぎるし、その程度の数値設定で良いというのであれば、わざわざアドバイザーまで配置する必要があるのか疑問を抱くのである。

『平成29年度一般会計予算』は、5月に退任する予定の井田市長が編成する最後の予算案ある。それに修正動議が提出され、採択されるというのは、極めて“異例の事態”であると言っていい。

個人的には『市長にとって最後なのだから気持ち良く可決させたい』という思いもあったが、予算の使い道として疑問点が多く、しかも今後何年も継続的に出されるのであれば、議会としてはどうしても慎重にならざるを得ない。