【5月12日】

この日の午後4時半から、井田隆一市長の退庁式が行われ、市民や職員など約300名が市役所玄関前に集まった。

井田市長は、旧二宮町と合併した直後の平成21年4月に初当選を果たし、2期8年間市長を務めた。
就任以来、真岡市のブランド化や観光振興に力を入れ、真岡市を訪れた観光客を20年度と27年度で比較すると、人数にして約42万2千人、率にして17.3%伸びた。
その一方で、23年3月に発生した東日本大震災をはじめ、竜巻、大雪、大雨などの自然災害と向き合い続けた8年間でもあった。
中学3年生までに医療費無料化をはじめとする子育て環境の整備や、決して目立つ分野ではないかも知れないが、障がい児・者のための支援制度が大きく前進したことは、高く評価されるべき成果だと思う。