【5月22日】

臨時議会が行われ、新しい議長には野沢達議員(3期・自民)、副議長には春山則子議員(3期・市民)が選出された。
正副議長選挙が、いずれも11票対10票という僅差だったのが今回の大きな特徴で、ここ数年見られないことだった。
今回、正副議長に就任したお2人は、これまで所属会派の代表を務めていて、私も『議会活性化等検討委員会』で一緒に活動をさせていただいていた。
真岡市議会にとって、最大の課題である議会制度の見直しと活性化について、新しい正副議長ともに、流れをさらに加速させていきたいと思っている。