【5月27日】

真岡市総合運動公園に弓道場とクラブハウスが完成し、その記念式典がこの日行われた。

弓道場は、従来の2倍である『10人立ち』(射手が同時に10人並んで競技ができる)の広さで、これは県内では宇都宮市の弓道場に続いて2ヵ所目。

今回の式典に出席して強く感じたのは、真岡市民で弓道の競技者が想像以上に多いということ(栃木県は全国でも弓道が盛んな地域の1つなのだとか)。山前中学校や市内の各高校に弓道部があるばかりでなく、同級生の親や近所の方など『えっ、この人も弓道をやっていたの?』と会場に集まっていた顔ぶれを見て驚かされた。
一方、クラブハウスは、運動公園を利用する人々のために、更衣室、シャワー室、会議室などが整えられている。