【7月1日】

現在、私が事務局を仰せつかっている『真岡自然観察会』で、毎年恒例のバス研修を行った。
今回の目的地は群馬県中之条町にある野反湖。様々な場所で野鳥・植物・昆虫などの観察をしてきたベテラン会員達でも、この湖を訪れたことのある人は多くないとのこと。
インターネットで調べてみると、景色がとにかく美しく『天空の湖』という異名まであるようで、下見に行った会員によれば、この時期はレンゲツツジが見ごろらしい。
そうした話を聞き、行く前から本当に楽しみにしていたのだが…。
この日はあいにくの雨。強風もともない、自然観察ができる状態ではなかったため、やむなく八ッ場ダムの建設予定地見学と、軽井沢銀座の散策をして帰る。
写真は、自然観察を断念し、バスに乗り込む直前に撮影した野反湖の様子。

晴れた日は本当にきれいに違いないと思うと、本当に残念でならない(参加者の安全は何物にも替えられませんが)。