【6月22日①】

この日の午前中、朗読ボランティア『ひばりの会』の活動で、益子町七井にある松ヶ丘葵荘へ。

この施設は、視覚に障害のある高齢者が入居しており『ひばりの会』では年に数回訪問している。メンバーが朗読を披露したり、入居者の方々と一緒に歌を歌ったりするのであるが、私は毎回落語を披露させていただいている。

この松ヶ丘葵荘は、真岡高校に落語同好会があった時代、新入部員が覚えてたてのネタを披露する、言わば“デビュー戦”の場であった(私も29年前に、ここで初高座を踏みました)。そのため、ここで落語をやると私も初心に返ることができる。