【8月4日③】

この日の夜に行われた栃木SCの地元開催ゲーム、対FC岐阜戦が『真岡市民デー』として位置づけられ、大瀧副議長などとともに観戦に訪れる。

この試合では、真岡市内から市民を対象とした応援のバスツアーが行われたほか、グリーンスタジアム内に地元特産品を紹介・販売、さらに抽選会を行うブースも設けられた。

さて、栃木SCは、J2の後半戦に入ってから6戦負けなし。しかし、直近の3試合は全て引き分けという状況だった。

この試合でも、序盤に先制点を挙げたものの、すぐに追いつかれる試合展開。しかし、その後徐々に岐阜を突き放し、結局4-1で見事な勝利を収めた。

ちなみに『真岡市民デー』については、昨年に続く勝利ということで、真岡市民の1人としてはホッとしている。