【8月15日①】

宇都宮市にある栃木県護国神社で行われた栃木県戦没者追悼式に、真岡市遺族連合会の皆さんとともに参列。

この追悼式には、戦没者の遺族をはじめとして、約300名の方々が県内から集まった。

毎回、式典に参列する度に感じるのは、参列者の方々の高齢化が進んでいるということ。

私の家でも父方の祖父が、さきの大戦で沖縄において戦死をしている。平和のありがたさや戦争の悲惨さを、どのようにして次世代に語り継いでいくか。非常に難しい課題である。

会場では、正午の時報を合図に、参列者一同が黙とうをささげた。

過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い

ラジオを通して(日本武道館で行われていた『全国戦没者追悼式』の様子)、神社の境内に流れてくる天皇陛下のお言葉。

その中でも、この一説に最も力を込められていたように感じたのは、私だけではないはずである。

『終戦の日』に、今上天皇として述べられる最後のお言葉は、私達国民1人1人にとって非常に重いメッセージだったように思う。