【10月6日】

この日の午前中、地元・大谷地区の高齢者のグループである『福寿会』の定例会が行われ、私もご招待を受ける。

高齢者のグループではあるが、最低でも月に5~6回は何らかの活動を行っており、地域の活動にも積極的に参加をしようという皆さんの意識には頭が下がる。

 

今回は、まず私が落語で、持ちネタの1つである『答案用紙』を披露し、その後、市議会が現在取り組んでいる議会改革の状況、さらに今後の市政のあるべき姿などについて、私見を交えてお話をさせていただいた。