【10月28日】

この日は、真岡市ボランティア連絡協議会が主催する『ふれあいフェスティバル』にお邪魔をする。

この催しは、ボランティア団体同士の相互理解を深めることなどを目的としており、毎年この時期に開催されている。

各団体によるステージ発表、さらには模擬店などでにぎわいを見せていた。

この『ふれあいフェスティバル』や、これまで総合福祉保健センターを会場にして行われてきたが、今年からこども発達支援センター『ひまわり園』に会場を移した。

元々は『コンピュータ・カレッジ』だった場所だけに、学園祭のような雰囲気が感じられた。

何より、ハンディキャップのある子ども達が通う『ひまわり園』については、関係者以外の方が訪れる機会は少ないかも知れない。多くの方々に施設の様子を知っていただくのにも今回は良い機会となったのではないだろうか。