【10月29日】

この日、午後7時から青年女性会館において、真岡市議会としては初めてとなる『議会報告会・意見交換会』が開催された。

真岡市議会では今年4月に『議会基本条例』を施行。今回の取り組みは、この条例に基づくもの。6月から議会内部で『議会報告会運営チーム』を立ち上げ、そのメンバーが中心となって準備にあたってきた。

第1部の議会報告会では、議員サイドから『市議会の仕組み』、『議会改革・活性化の取り組み』、『平成29年度決算報告・平成30年度主要事業』について説明。

その後、第2部の意見交換会で『防災対策』と『子育て・教育』の2テーマについて、車座方式で市民と議員がグループディスカッションを進めた。

初めての開催で、どのくらいの方々がお越しになるのか…。その点だけが不安だった。

しかし、受付を始めると、私達が当初予想していたよりもはるかに多い、約80名の方々にご参加いただくことができた。

『災害発生時における避難所のあり方』や『子どもと子育て世代にとって必要な公園とは』など、真岡市の施策の中で、私達が見落として部分がまだまだ多かったことを教えられた。

参加者からは厳しいご指摘もあったが、今回こうした機会を提供できて『やってよかった』という想いを強くしている。

皆様からいただいた貴重なご意見は、今後の議会活動の中でしっかりと活かしていかねばならない。