【12月8日】

地元・大谷地区の『男性料理の会』の活動に参加した。

今回は、子ども達を対象とした『そば打ち体験教室』のお手伝い。いつもは『教えられる側』の私だが、今回は一転『教える側』に。

子ども達が、悪戦苦闘しながらそば粉をこね、やっとのことで生地を伸ばし、慣れない手つきで切っていく様子を眺めていると『本当に大丈夫なのか?』と、自分がやる時よりもはるかに緊張してしまう(多分、いつもは私が周囲からそう思われているのでしょうが)。

それでも、茹であがったそばを、子ども達がズルズルっとすすっていると、何だかメチャクチャ美味しそう…。