【12月23日②】

日光市の本庁舎落成式に出席した後、午後からは真岡落語研究会が主催する『エキナカ寄席』に出演。トリとして『火焔太鼓』を披露する。

ここ数年、真岡落語研究会では年末の企画として、真岡駅内の『真岡市情報センター』を使って落語会を開いている。

平成最後の年の瀬に開かれる落語会でトリを務める…。そう考えると何とも感慨深い。

ちなみに、平成年間に入って最初に高座に立ったのも、実は当時高校に入学したばかりの私(当時は前座で“目出田家風楽”という名前でした)だったということを、最近先輩から知らされた。

平成最初の高座に立ち、最後の高座にも立つ。

そんなことから、今回は大奮発して羽織を貸衣装屋から調達!

楽屋にて気合を入れて着替えていると…、後輩が気まずそうな表情をしながら、

後輩:あの~大変言いにくいのですが、今回は“平成最後”ではないですよ。

私:ん?

後輩:平成はあと4ヶ月ありますから、4月後半の落語会でトリを務めた人が“平成最後”になるかと…。

私:!(絶句)

おあとがよろしいようで。