【2月1日】

この日は、真岡市内の中学校で立志式が行われた。

私は、真岡東中学校の式典に出席。議長として祝辞を述べさせていただいた。

他校の立志式では『誓いの言葉』や『感想文の発表』などについては、代表の生徒が行うのだが、同校では1人1人が自分の夢を発表するスタイルをとっている。

今回、立志式を迎えた2年生が、式の最中にステージに上がって自分の夢を発表したのだが『中学校の教師になりたい』、『ゲームクリエーターになりたい』、『農業の楽しさを伝えたい』等々…。中には特定の企業名を挙げて、そこに就職したいという生徒もいて、自分の将来像を具体的に描いている傾向が強いように感じられた。

中村かずひこ通信64号