【3月11日】

東日本大震災の発生から8年がたった。

あの時も、ちょうど市議選を控えて、議会の合間に選挙準備にも追われていた。

『真岡市は自然災害の少ないまちである』

市民は、長きにわたってそう信じ込んできた。しかし、それが単なる妄想でしかなかったと教え込まれたあの時の震災だった。

『災害はいつ、どこで発生してもおかしくない』

近年、全国各地で発生している災害を見るにつけ、そうした想いを改めて強くする。

ただし、そうした経験や教訓は、いずれ風化してしまう。

昨年、鶴田、八條、西田井の3つの自治会が合同の防災訓練を行ったが、そうした『記憶の伝達』をしていく努力が必要なのだと思う。