【3月29日】

午前9時から、退職する職員の辞令交付式が市公民館で行われた。

議会事務局の職員については、議長が辞令を交付することになっており、定年退職する小池敏之事務局長に、私から辞令をお渡しした。

今から12年前、私が初めて常任委員会の委員長を務めていた時も、小池局長は議会事務局におり、その委員会を担当する職員だった。

そして、小池局長にとって最後となる年に、今度は私が議長を務めることとなり、何とも不思議な巡り合わせを感じている。

小池局長のほかにも、議会事務局からは3名の職員が異動することとなった。

いずれも昇格をした上での異動だけに、送り出す側としても晴れがましい(私自身が何か努力をした訳ではないのですが…)気持ちである。