【6月16日】

真岡市消防団の夏季点検と操法大会が、芳賀地方卸売市場で行われた。

現在、真岡市の消防団員は494名。そのうち、今回の夏季点検には467名が出場した。出場率は94.5%。

以前に他の自治体の消防団関係者から聞いたことだが、出場率が9割を超えるというのは、他の地域ではなかなか見られないことだという。

真岡市の安心・安全は、こうした団員の方々の高い意識によって支えられている。

さて、操法大会には7つの分団から計24部が出場した。

各部ともゴールデンウィークあたりの時期から、忙しい仕事の合間をぬって練習を続けてきた。

上位入賞は以下の通り。

見事優勝に輝いたのは、昨年度の優勝を果たした山前地区の第2分団第2部。

同部は、この後7月に行われる芳賀地区大会に真岡市代表として出場する。