【6月20日・21日・24日】

真岡市議会では3日間にわたって常任委員会が行われた。

今回から常任委員会の運営で変わった点は、これまで同じ日に複数の委員会を行っていたのが、3つの委員会をそれぞれ異なる日にしたこと。

今回は、20日に民生文教常任委員会、21日に産業建設常任委員会、そして24日に総務常任委員会が開催された。

こうすることによって、市民の方々はもちろんであるが、私達議員も自分が所属していない委員会の審議状況を傍聴できるようになったのである。

実際、各常任委員会とも6~7名程度の議員が傍聴をし、同僚議員の議論に耳を傾けていた(私も所属していない民生文教常任委員会、産業建設常任委員会を傍聴しました)。

議会改革の取り組みとしては本当に小さな1歩であるが、これが定着することで、特にこれからの決算や予算の審査の中で大きな効果を発揮するように思える。