【7月10日】

この日は、令和元年春の叙勲の栄に浴された方々をお祝いする『叙勲祝賀会』が行われた。

真岡市内では、上野玄一さん(旭日双光章・地方自治)、渡邉喜夫さん(瑞宝双光章・警察)、櫻井愼也さん(瑞光単光章・消防)のお三方が受賞された。

いずれの方々も、長年にわたってそれぞれの分野で活躍され、国や地域のために貢献されてきた。

特に、私にとって上野玄一さんは、真岡市議会において1期上の先輩であり、初当選直後の2年間は、文教委員会の正副委員長として一緒にお仕事をさせていただいた。

あの当時は30歳を過ぎたばかりで、現在と比べても相当生意気(今も変わりませんか?)だったため、上野委員長の手を随分焼かせてしまった。

それでも、幼馴染の倅(上野さんと私の母は小中学校時代の同級生でした)ということもあったためか、色々と親切にご指導を受けたことが、懐かしく思い出される。