【7月24日】

この日は、午後から所属会派『もおか新時代』の勉強会に参加。

現在『もおか新時代』では、議員個々の政策立案能力向上を目標に、月1回程度のペースで勉強会を行っている。

今回のテーマは『新庁舎周辺整備事業』について。新庁舎周辺整備推進室の古澤博之室長をはじめ3名の職員から話を聞く。

真岡市では、現在新しい庁舎を建設中(来年7月完成予定)だが、それと合わせて庁舎周辺の再整備も計画している。

対象となるエリアは、現在の本庁舎向かい側にある水道庁舎、建設部棟、教育委員会棟などの部分、約5500㎡。

現在までに民間事業者と連携を図りながら『サウンディング型市場調査』を重ね、今後5年程度で整備を進めていくこと。さらに、PPP(公民連携)やPFI(民間の資金・ノウハウ活用)なども視野に入れつつ、図書館機能や子育て支援機能などを有した施設整備を考えていることなど説明を受けた。