【8月26日】

この日は、9月定例議会の開会を1週間後に控え、午前中から『会派代表者会議』、『議会運営委員会』、『議員協議会』などの会議が続いた。

その後、所属会派『もおか新時代』の勉強会を午後から開催。今回のテーマは『決算審査の方法』について。

この勉強会には、栃木県や群馬県の市議・町議の方々にも多数ご参加いただいた。

実を言うと、今から3年前にも栃木県内の若手議員達で決算審査の勉強会をしたことがある。当時、私が監査委員の仕事を終えた直後ということもあり“講師役”を務めた。

今回も、まず私が決算審査の方法について、基本的な資料の読み解き方などをお話しした。

その後、参加した議員が実際に行っている決算審査の方法について情報交換へ。

『自治体の数だけ議会制度がある』と言われることがあるが、決算資料の内容も、決算審査のプロセスも、議会によってこれほど違うものなのかと今回改めて驚かされた。

私は、決算資料の読み方や質疑の方法も(基本的な部分を外さなければ)議員によって千差万別でいいのではないかと思っている。だからこそ、数多く議員が集まって情報を交換することで、それぞれの視野が広がって行くはずである。

今回の勉強会で私自身の視野も広がったが、『もおか新時代』のメンバーにとっても大きな刺激となったのではないだろうか。