【1月26日】

この日は、『真岡落語研究会』の活動で、上三川町立図書館で行われた『図書館寄席』に出演した。

この図書館寄席は、もともと真岡市立図書館で始まったもので、市直営だった時代から続けられている。その後、指定管理者に選ばれた(株)図書館流通センターに引き継がれ、さらに、同社が管理している各地の図書館に広がっていった。

図書館寄席で私達『真岡落語研究会』がお邪魔した図書館は、栃木県内はもちろんのこと、関東地方や東北地方に至るまで、延べ100ヶ所以上に及ぶ。

上三川町立図書館で『図書館寄席』が行われるのは今回で9回目。来場者の中には、大半の回に来られているという方もおり、私達としても本当に励みになる。

今回、私は持ちネタの1つ『堀の内』を披露させていただいた。