【2月27日】

質疑・一般質問の1日目。

この日、私は2人目として登壇し、会派『もおか新時代』を代表して5件の課題について質問を行った。

1.『全国いちごサミットin真岡』終了後の対応について

①今後の開催方式について

②本市においての『アフターイベント』について

2.コミュニティFM局の開局について

①開局後の番組編成と有事における放送体制について

②FM局全体としての運営費や収入などについて

3.真岡鐡道に対する支援策について

①『真岡鐵道経営安定補助金』について

②今後更新が必要となる設備について

③利用者増に向けた取り組みなどについて

④DMV(デュアル・モード・ビークル)について

4.市街化調整区域の今後のあり方について

①栃木県が実施する市街化調整区域の開発許可基準緩和について

②地域住民と行政が研究・議論を行う場の設置について

③東沼小学校の利活用について

④山前南小学校、中村東小学校、中村南小学校の利活用について

⑤廃校後の利活用を促進するための支援策について

5.学校給食センターの整備計画について

①『学校給食センター整備基本計画』について

執行部は答弁の中で、

◆今年11月に開局予定の『コミュニティFM』は24時間の放送体制とし、災害時にも対応できるよう『AIアナウンサー』の導入を検討していること

◆今後、真岡鐵道の施設更新費として約2億900万円(うち真岡市負担分は3170万円)を見込んでいること   などを明らかにした。

また、延期が決まった『全国いちごサミット』であるが、今後の開催方法については『全国の主要産地などで、継続的に開催できることが望ましい』との考えを示した。