6月議会 中村の一般質問

一般質問

1.人口減少時代における取り組みについて

(1)『真岡市人口ビジョン』では、2040年の人口を約7万3千人とすることを目標として掲げている。この数値について、市ではどのように位置付けているのか。

(2)上記の目標を達成するには、合計特殊出生率を、現在の1.52から2.07にまで上昇させる必要がある。今後、新たな少子化対策は何か考えているのか。

(3)多子世帯に対する経済的な支援を検討すべきと思うが。

2.教育関係の諸課題について

(1)今年度より、真岡市独自に『スクールソーシャルワーカー』が配置された。今後、担うべき業務と期待される役割について、教育委員会ではどのように考えているのか。

(2)コミュニティスクールの導入に向けた研究・検討を進めるべきではないか。

(3)教育分野全般のトータルプロデュースを行う『教育研究所』のような機関が今後必要になると思うが。

3.芳賀赤十字病院の跡地利用について

(1)跡地利用に向けての進捗状況はどのようになっているのか。また、日赤側とどこまで話し合いを進めているのか。

(2)地元住民を対象とした情報共有の場が必要と考えるが。

4.障がい者の生活拠点整備について

(1)現在、真岡市では障がい者を対象としたグループホーム等の生活拠点が不足している。整備に向けての進捗状況はどのようになっているのか。

(2)今後の取り組みは。

5.『第12次市勢発展長期計画』について

(1)策定に向けてのプロセスは

(2)計画に新しく盛りこみたいと考えている施策は

(3)成熟社会となっている今日、計画の名称に『市勢発展』という言葉を使うことがふさわしいか疑問に感じるが。

6月議会