《特集》 新型コロナウイルス感染症について

6月1日(月)から、真岡市では小中学校の一斉登校が再開しました。

臨時休校となったのが、3月3日でしたので91日ぶりの一斉登校です。新型コロナウイルスの問題が今後どうなるのか、まだまだ心配なところもありますが、元気に学校に登校する子ども達を見ていると、私達大人もパワーをもらった気分です。

さて、真岡市議会では6月定例会が開会しました。
来週の8日(月)に『質疑・一般質問』を行われ、私がトップバッターとして登壇。
   (1)今後の財政運営について
   (2)市民への情報提供のあり方について
   (3)防災・対策について
   (4)サーマルカメラの設置について
   (5)夏季休業を短縮して行う授業について
   (6)アフターコロナに向けた対応について
という、コロナ対策に関連する6件について質問を行う予定です(質問内容はコチラ)。

全国のどこの自治体でも、議会の開き方については『質問を行うべきか否か』も含め、相当悩まれたはずです。
ただ今回、真岡市議会では『この時期だからこそ必要』と、当初から質問を実施する前提で、同僚達と議論できたことは誇りに思っています。

各会派内で人数を絞り(無会派の方は原則フリー)、発言時間を短縮(30分→20分)し、市民の皆様に傍聴はご遠慮いただく(恐れ入りますがケーブルテレビでご覧ください)形で質問を行います。

ちなみに、議場内のコロナ対策ですが、真岡市議会は昭和年間に30名以上の議員がいたこともあり(現在は21名)、議場内の机を増やすことで議員間の距離を確保しています。

対策をとる前(写真左)と後(写真右)の違いがお分かりいただけますでしょうか?

[目次]

●真岡市の動き・取り組み等
●栃木県の動き・取り組み等
●日常生活で気を付けること
●感染が疑われる場合の対応
●経済的な支援の一覧表
●持続化給付金の申請サポートについて
●真岡市内でテイクアウトできる飲食店
●詐欺などにご注意ください!
●消毒液のつくり方について
●手作りマスクにチャレンジ
●皆さんのご意見をお聞かせください

真岡市の動き・取り組み等

現在、真岡市のホームページでは『新型コロナウイルス感染症関連情報』として、各種支援策や、イベントの中止情報学校をはじめとする公共施設閉鎖状況など、ひとまとめにしてお知らせしております(情報は随時更新されますので、こまめにチェックすることをおすすめします)。

【最近掲載された支援策】
●特別定額給付金
●真岡市新型コロナウィルス感染拡大防止協力金
●コロナに負けるな!もおか学生応援奨学金
●コロナに負けるな!もおか子育てエール支援金  など

【画面をクリック】

 

 

 

 

真岡市ホームページ『新型コロナウイルス感染症関連情報』

栃木県の動き・取り組み等

栃木県のホームページでも『新型コロナウイルス感染症関連情報』を、ひとまとめにしてお知らせしております。

県内での発生状況および検査状況緊急事態措置の概要、感染拡大防止協力金についてなど、様々な情報が掲載されています(情報は随時更新されますので、こまめにチェックすることをおすすめします)。

【画面をクリック】

日常生活で気を付けること

新型コロナウイルスの感染原因は、一般的に『飛沫感染』『接触感染』と言われています。

飛沫感染 接触感染
感染者からのくしゃみ・せき・つばと一緒にウイルスが放出され、それを他の方々が口や鼻から吸い込んで感染する

感染者のウイルスがついた手で周りのものを触れたあとに、他の方がそれに触れ、口や鼻などの粘膜から感染する

 

みんなで行う予防対策

イベントや集会で3密とならないよう注意しましょう

 

 

 

 

 

 

 

個人で行う予防対策

①手洗い・アルコール消毒

 

 

 

 

②咳エチケット

「何もせずにくしゃみ・せきをする」「くしゃみ・せきを手でおさえる」のはNGです 

マスクは鼻から顎を覆い、隙間のないように

電車や職場、学校など人が集まるところではマスクを着用する

ティッシュ・ハンカチで口・鼻を覆う

上着の袖などで口・鼻を覆う

 

十分な休養とバランスの良い食事をとる

 

感染が疑われる場合の対応

以下のいずれかに該当する場合は、すぐにご相談ください(これらに該当しない場合の相談も可能です)。

①息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

②高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患等の方、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

③上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です)

相談は、かかりつけ医や下記の電話相談窓口へご連絡ください。

栃木県新型コロナウイルス コールセンター

☎0570-052―092(24時間対応・土日祝日含む)

なお、このコールセンターでは、新型コロナウイルスに関する相談全般を受け付けています

経済的な支援の一覧表

『新型コロナウイルス感染症』の問題で、経済的なサポートにはどのようなものがあるのか。

弁護士の永野海先生が、分かりやすい一覧表を作成されています。この度、先生のご了承をいただき、このホームページに掲載をさせていただきます(令和2年5月10日更新分)。

《個人・家庭用》

《事業者用》

出典:弁護士永野海 法律と防災のページ

真岡市内でテイクアウトできる飲食店

今、外食もままならない状況ですが、《真岡商工会議所のホームページ》では、市内の飲食店でテイクアウトができるお店を紹介しています。

消毒液のつくり方について

感染予防のための消毒薬をご家庭でつくる方法について、『真岡西部クリニック』の趙達来院長のご了承をいただき、このホームページに掲載をさせていただきます。

 

手作りマスクにチャレンジ!

マスク不足が叫ばれて久しくなりました。そんな中、妻・光江が手作りマスクにチャレンジをしました。

サイズは大人用です(っていうか、“モデル”に合わせて『大きめサイズ』かも)。

待ち針をたくさん使います。作る際にはケガしないようにご注意を!

※なお、一般的に手作りマスクは、外部からのウイルス感染を防ぐものではなく、咳エチケットの補助が目的とされています。