近況報告

NEWS

【11月1日】

朗読ボランティア『ひばりの会』の活動で、視覚障がい者をサポートするための音訳作業に参加。今回行われたのは真岡市の広報紙である『広報もおか』の11月号。
このような『ひばりの会』の音訳作業は、広報もおかのほか、真岡新聞、市議会だよりなど年間約60回に及ぶ。
書かれてある文章を正確に読むことも大切なのだが、それ以上に頭を悩ませるのは、グラフや地図、絵などを自分の言葉でどのように分かりやすく伝えるかということ。
私が音訳を担当したのは『広報もおか』の前半部分。最大の“難敵”は表紙に何が掲載されているかの説明だった。

11月号の表紙は、先ごろ真岡市の応援キャラクターに任命された春崎野乃花さんが、ほかの仲間達と一緒に、いちご狩りを楽しんでいる様子がマンガの絵として描かれています。
春崎野乃花さんは、とちぎてれびのアニメ『まろに☆え~る』の中で、リーダーを務めているキャラクターです。

あれこれ文章を作って、結局こういう説明になったのだが…。

最新の記事latest articles

  • 2023/03/23
    初代インターン生たちが卒業しま…
  • 2023/03/23
    真岡市議会の令和5年第1回定例…
  • 2023/03/23
    3月14日(火)真岡市議会では…
  • 2023/02/20
    任期最後の定例議会
  • 2023/02/20
    ライブリー教室作品展

カテゴリーcategory

アーカイブarchive

近況報告

NEWS

初代インターン生たちが卒業しました!!!

【初代インターン生たちが卒業しました!!!】

3月18日(土)、白鷗大学の卒業式が行われました。

2020年夏に私が初めて受け入れたインターン生のうち、当時2年生だった3名が無事に卒業。この春から新社会人になります。

コロナ禍の中で「少しでも学生たちの役に立てれば」という思いから受け入れを始めたものの「一体何を指導すればいいのか?」全く手探りの状態で、今振り返れば私自身が空回りして、学生たちに迷惑をかけてしまった場面も多々あったと思います。

それでも、この時の全員が頑張り屋で、私も「あの感動をまた味わいたい」と、その後も約2年間にわたって、計13名の大学生たちを受け入れることになりました。

当初は「何を指導すれば」で悩みましたが、結局のところ最も学ぶ機会を与えられたのは、受け入れた私だったように思います。

社会に羽ばたく3名の若者に幸多きことを祈るばかり。

最新の記事latest articles

  • 2023/03/23
    初代インターン生たちが卒業しま…
  • 2023/03/23
    真岡市議会の令和5年第1回定例…
  • 2023/03/23
    3月14日(火)真岡市議会では…
  • 2023/02/20
    任期最後の定例議会
  • 2023/02/20
    ライブリー教室作品展

カテゴリーcategory

アーカイブarchive