【12月31日】

大晦日。
今年はこれまでの反省(?)を踏まえ、12月議会閉会直後から部屋の片付けなどを少しずつやっていたので、例年のようなドタバタ感が無い、落ち着いた年の瀬である。
午後からは、地元・大谷地区の皆さんが開催した『そば打ち会』にも参加。

今年1年を振り返ると、議会内での活動も個人としてのスキルアップも腰を据えて取り組めたように思う。
議会内では、長年の懸案事項だった『議会基本条例』の制定に向けて動き始めたところ。私も『議会活性化等検討委員会』のメンバーに加わっているが、来年もしっかりとした議論を進めていきたい。

一方、市政全般で『人口減少問題』が大きな課題となっている。
平成27年秋に行われた国勢調査の確定結果が先頃公表され、真岡市の人口は7万9539人(基準日:平成27年10月1日)。これは5年前と比べて、2750人減となっている。
国立社会保障・人口問題研究所が当初立てていた予測では、平成27年が8万1078人、32年が7万9554人だった。つまり、真岡市の人口減少は、それよりも5年早いスピードで進行していることになる。
人口が減れば消費が減る。消費が減れば雇用が減る。そして、雇用が減ればさらに人口が…。そうした人口減少による悪循環を、何としても断ち切っていかねばならない。
真岡市では現在『まち・ひと・しごと創生総合戦略』に基づいて、真岡市版の地方創生に取り組んでいるところだが、各種施策の実現に向けて、もっとピッチを上げていくように私自身も訴えていかねばならない。