【10月10日】

栃木県内の議員有志による研修会を、高根沢町とさくら市で行った。

まず、高根沢町では、同町の小堀康典教育長に『高根沢町の教育について』と題してお話を伺った。

特に関心を持ったのは、高根沢町立東小学校と北高根沢中学校を統合し、義務教育学校を整備させたこと。今回の取り組みは少し変則的なやり方で、疑問に感じた部分も少なくなかった。しかし、小中一貫教育について、県内他市町ではかなり動きがでてきたことは見逃すべきではない。

その後、高根沢町で不登校の児童・生徒を対象としたフリースペース『ひよこの家』を視察。私にとっても久しぶりの訪問。教育相談員の芳村寿美子さんから説明を受ける。

同町は、この施設を平成15年9月に開設している。『学校のにおいがしない場所』を目指して、町の郊外にあった古民家を改築して運営されている。

自治体が、学校復帰を前提としていない施設を運営しているのは極めて珍しいのではないだろうか。しかも、そうした施設でありながら、大半の児童・生徒が学校復帰を果たしているというのは、非常に考えさせられる点が多い。

続いて、さくら市へ移動し、心理カウンセラーの濱口浩志氏などが運営をしている『ほんわかテラス』について説明を受ける。この取り組みは今年度からスタートしたもので、不登校やひきこもりになっている当事者ではなく、その保護者を対象に(その点がとてもユニークであると言えます)相談事業や各種の交流事業を展開している。

最後に、さくら市内にある(株)タカノを視察。

同社では耕作放棄地を活用して、イネ科の『エリアンサス』を栽培。それをペレット燃料に加工する取り組みを行っている。『エリアンサス』は、低コストでの栽培がしやすく、他の食料生産と競合しない。加えて燃焼した際の熱量が高いという特徴を有している。

(株)タカノは元々、木くずを堆肥化させる事業を展開していたが、同社の高野誠社長が方針を転換し、国立研究開発法人の農研機構と連携して現在の事業を展開している。

常に新しいものを吸収して、自分の事業につなげていこうとする高野社長のバイタリティには恐れ入る。

【10月8日】

この日は、西真岡保育園の親子運動会にお邪魔をする。

本来は、9月30日に開催予定だったが、天候によりこの日に順延となっていた。

この運動会は、西真岡保育園と同じ系列の西真岡第二保育園が毎年合同で行っている。

ちょうど1ヶ月前は、各中学校の運動会にお邪魔をしていたが、大きく成長してダイナミックに走る中学生達と比較すると、園児達のチョコチョコと駆け回る姿が、何とも微笑ましい。

それにしても、前日の真岡井頭マラソンに続いてのスポーツイベント。いよいよ、真岡市にも本格的なスポーツの秋が到来したということだろうか。

【10月7日②】

真岡井頭マラソンの開会式の後、荒町本通りで行われた『もおか木綿ふれあいまつり』のオープニングイベントに参加。この『もおか木綿ふれあいまつり』は、平成20年からスタートしたもので、今回で11回目を数える。

イベントの名称に、真岡木綿が着いているだけに、木綿の展示や機織り、染色の体験、『ミス・コットンコンテスト』など、木綿に絡めた企画が実施される。

また、このイベントが当初から掲げていた目的として、日頃様々な活動をしている市民が、協働で中心市街地の活性化を図るということがある。

そのため、約60店の参加があった模擬店も、地元の商店だけでなく、周辺の自治会も手打ちそばや地ビールなどを持ち寄って参加しておりバラエティ豊か。

そのほかに、泉若の皆さんによる御輿渡御や、サンバカーニバルなども披露され、会場に華を添えていただいた。

【10月7日①】

この日の午前中、真岡井頭マラソンの開会式へ。

この大会は、井頭公園とその周辺の特設コースにおいて開催され、今年で35回目を数える。真岡市を代表する秋のスポーツイベントとして、真岡市内はもとより、県内外の市民ランナーにもお馴染みの大会となっている。

小学生から高齢者まで約2000名のランナーが、好天の下(マラソンをするには、かなり暑かったと思いますが)で健脚を競い合った。

【10月6日】

この日の午前中、地元・大谷地区の高齢者のグループである『福寿会』の定例会が行われ、私もご招待を受ける。

高齢者のグループではあるが、最低でも月に5~6回は何らかの活動を行っており、地域の活動にも積極的に参加をしようという皆さんの意識には頭が下がる。

 

今回は、まず私が落語で、持ちネタの1つである『答案用紙』を披露し、その後、市議会が現在取り組んでいる議会改革の状況、さらに今後の市政のあるべき姿などについて、私見を交えてお話をさせていただいた。

【10月1日②】

『市政功労者表彰式典』に出席した後、議会メンバーは『議会報告会・意見交換会』に向けての勉強会を行った。

今回、真岡市議会として初めて開催する『議会報告会・意見交換会』であるが、意見交換会では①防災対策と②子育て・教育という2つのテーマについて、市民の皆さんと話し合いをする。

しっかりと現状を把握し、情報共有化を図るため、市民生活課、学校教育課、子ども家庭課、保育課の職員に来ていただき説明を受ける。

その後、各グループに分かれて、意見交換の進め方などについて話し合いを行った。

非常に嬉しいのは、勉強会においても話し合いにおいても、各議員が積極的に参加をしてくれていること。

初めての『議会報告会・意見交換会』なので、不安がないと言えばウソになるが、議員の間だけでもここまで盛り上がってくると、不安よりも楽しみの方がはるかに大きい。

【10月1日①】

この日は、毎週月曜日の朝に行っている『あいさつボランティア』に参加をした後、市民会館小ホールで開かれた『市政功労者表彰式典』に出席。

真岡市が市制を施行したのは、昭和29年10月1日のこと。それを記念して、毎年この日に式典が開催されている。

今回表彰を受けられたのは、区長や民生委員、交通指導員、消防団員、介護認定審査会委員、都市計画審議会委員、農業振興地域整備促進協議会委員、学校医、公民館運営審議会委員、少年指導員、地域公民館長、スポーツ推進委員、統計調査員といったお立場で、長年活動を続けてこられた35名の方々。

私も議会を代表して、お祝いの言葉を述べさせていただいた。

地域を愛する様々な人達が頑張って、真岡市は今日まで支えられてきたということを、表彰式典に毎年出席する度に強く感じる。表彰を受けられた皆さんに感謝の気持ちを込めて、心からの拍手を送りたい。

 

【9月27日②】

真岡市議会では、今年の10月29日(月)に市民の皆様を対象とした『議会報告会・意見交換会』の開催を予定している。

この日は議会閉会後に『議会報告会運営チーム』の議員達と、議会事務局の職員が一緒になって市内の各町会に発送するチラシの封入作業を行った。

議員と事務局職員が一緒になって、議会報告会の準備に汗を流している…。

真岡市議会としては初めての『議会報告会・意見交換会』であり、私達にとっては本当に1つ1つが手探りであるが、本番に向けていいムードになってきたということを実感している。

ぜひとも、当日は多くの方々にご参加いただきたいと思う。

【9月27日①】

9月定例議会が閉会。

今回の定例議会では、施行部から提出された『平成29年度一般会計決算』の認定をはじめとする26議案が、いずれも原案通り可決された。

また、そのほかに市民から提出されていた『東海第二原発の運転期間延長に関する請願書』については一部採択とし、再稼働に反対する意見書を市議会独自に作成し、それを全会一致で採択した。この意見書は、今後国や茨城県、原子力規制委員会などに送付される。

確かに『一部採択』という言葉だけ聞くと、市民の声を一部分しか受け止めていないように映るかも知れない。

しかし、市民からの提案を議員達が受け止め、原発に対するそれぞれのスタンスの違いを超えて『もっと良い方法があるのではないか』というところまで踏み込んで議論を深めて導き出した今回の結果であり、議会として胸を張れることだと私は思っている。

このほかに、陳情として出されていた『患者負担を増やさないことを求める国への意見書提出に関する陳情書』については不採択。『難病医療費助成制度の改善を求める国への意見書提出に関する陳情書』については、なお慎重な審査が必要ということで継続審査となった。

【9月25日②】

『決算審査特別委員会』の後、新しい芳賀赤十字病院と神鋼真岡発電所の建設現場を議会のメンバーで視察した。

昨年2月から工事が始まり、現在までの工事進捗率は約8割。来年3月1日にオープンの予定となっている。敷地面積は35000㎡で、現在の病院敷地の約1.75倍の広さがある。

集中治療室や救急病床、ヘリポートなどの整備を進め、将来の3次救急にも対応できるようになっている。

一方、神戸製鋼所が建設を計画している都市ガスを活用した火力発電所は、国内初の本格的な内陸型の火力発電所である。

124.8万kWの発電規模を予定しており、これは栃木県全体の電力需要の約4割に相当する。

コンバインドサイクル方式を取り入れ(発電の過程で生じた排熱を活用し、再度発電を行うというもの)、発電効率は60%程度になるという。

以前、原子力発電について調べていた時、発電効率が30%程度いう話を聞いたことがある。それに比べると驚くほど高水準の発電効率である。

現時点では、1号機が来年の後半、2号機がその翌年の前半に稼働する計画となっている。

【9月25日①】

この日、市議会の『決算審査特別委員会』が開かれた。

真岡市議会では、決算審査を行う場合、まず各常任委員会で所管する課について審査した後、慎重審査を期すため全議員で構成する『決算審査特別委員会』で再審査をする。

今回質疑を行ったのは、

櫛毛隆行議員、日下田喜義議員、池上正美議員、飯塚正議員

の4名。

『ケーブルテレビの指定管理料』、『庁舎建設に関する移転補償費』、『シティプロモーション推進事業費』、『生活保護費』、『道路維持費』など計26項目について質疑が行われた。

【9月23日②】

大谷地区の敬老会の後、東京へ移動。

明治大学公共政策大学院の『ホームカミングデー』に出席した。

私が大学院に通っていたのは、平成17年4月から20年3月まで。議員活動の1期目の3年目から2期目の1年目の間だった。

日常の議員活動をしながら、夕方から東京に通学し、真岡に帰ってくるのは深夜の1時過ぎ(社会人を対象とした専門職大学院のため、授業は夜や休日などに行われていた)ということもあった。

通いはじめた頃は不安も大きかったが、各地の議員や公務員、さらには首長まで、仕事との両立に悩みながら勉強をしている姿に勇気づけられて、何とか続けることができた。

当時、先生方から教えていただいた内容はもちろんであるが、学生として通っている人達の自治体での取り組みを色々と聞くことができたことも、その後の自分の議員活動に大きく役立っていると思う。

この日は、一緒に学校へ通っていた仲間達と夜遅くまで思い出話に花を咲かせた。

議会報告会・意見交換会