【10月8日①】

この日は、私の地元である大谷地区で防災訓練が行われた。
この訓練は、平成23年3月に発生した東日本大震災での教訓を活かそうと、5年前から自治会の主催で始まったもの。
訓練では、まず各班で指定されている1次避難所(地域内にある空き地など)に集まり、その後、対策本部が設けられている大谷公民館に移動する。
一見地道な取り組みかも知れないが、こうした積み重ねがいざという時の冷静な対応を生むのだと思う。