【4月28日】

この日の午前中、宇都宮市の護国神社で行われた栃木県戦没者合同慰霊祭に、真岡市遺族会連合会の皆さんとともに出席した。

この慰霊祭は、戊申戦争以降、国のために尊い命を捧げられた栃木県関係の英霊5万5361柱を祀るもので、毎年4月28日に行われている。
福田富一知事をはじめとする来賓、さらには県内各地からも数多くの遺族が出席し、初夏らしい青空の下、英霊の安らかなることを祈った。
その後、午後からは真岡落語研究会の活動で下野市へ。同市の国分寺図書館で行われた図書館寄席に出演し、持ちネタの1つである『火焔太鼓』を観客の前で披露した。