【5月21日②】

挨拶まわりの後、夕方から市議会の有志で足利市へ。足利市議会が実施した『議会報告会・意見交換会』を見学した。

足利市では、平成25年に『議会基本条例』が成立し、翌26年から市民に向けての議会報告会を行っている。今回の報告会で5年目となる訳だが、足利市の議員に話を聞くと、運営方法については毎年見直しを図っているのだという。

私達がお邪魔をした毛野公民館での報告会は、教育経済建設常任委員会の皆さんが担当されていた。市民の参加者は約70名。

第1部では平成30年度の当初予算について議員が説明を行い、その後、第2部で市民と議員が一緒になって車座方式の意見交換会に移っていった。

意見交換会で出される意見は、交通安全、鳥獣対策、フラワーパークなど観光地の活用法など様々。しっかりとした議論ができるか否かは、コーディネーターを務める議員の進め方によるところが大きいように感じられた。

真岡市議会でも9月定例議会閉会後に、市民との意見交換会を予定しているが、運営方法について考える上で、足利市議会における取り組みは大変参考になった。