【4月10日】

真岡青年会議所主催で4月20日(日)に行われる『森田三郎氏講演会』をPRするため、この日、同会議所コミュニティネットワーク委員会の岡本圭二委員長、渋谷祐子さん、青木圭太くんとともに、いちごてれびを訪問。PR番組の収録を行った。
講師としてお迎えする森田三郎氏は、千葉県習志野市にある『谷津干潟』の再生に取り組んだことで知られている。
昭和50年代前半までごみの山と化し、埋め立てられる運命にあった谷津干潟を守るため、たった1人でごみ拾いを始めた森田氏。行政や地元住民との衝突に苦しみながらも、次第に周囲からの理解を得、現在ではラムサール条約の登録湿地になるまで谷津干潟は再生されている。
その情熱は一体どこから湧き上がってきたのか?そして、“地域の連携”はいかにして構築されるべきものなのか?ぜひ1人でも多くの方に、この講演を聴いていただきたいと願っている。