【10月12日】

荒町の本通りで行われた『もおか木綿ふれあい祭り』を訪れる。
これまで私はこのような“商店街活性化”の名のもとに行われるイベントには少し懐疑的だった。何よりも各商店の皆さんがイベントの運営に大忙しになってしまい、肝心の商品を売ることには手が回らなくなっていたからだ。
それが今回は、自分の商品を店先で積極的に売ろうとしている商店主の姿を多く見かけることができた。また今までは『商店街限定のイベント』という印象が強かったが、ボランティア団体の紹介ブースや、自分たちの特技をいかした地域住民による模擬店(旭町の手打ちそば…あれは絶品でした)なども見られ、市民参加型のイベントとしても非常に工夫が凝らされていたと思う。
何よりも今回は『サンバのパレード』というイベントの“核”になるものがあった。これは、日本人がブラジルに移住して今年で100周年になることを記念し、横浜のサンバチームを招いたもの。
う~ん、さすがに本物は迫力が違う。しかし『中村さんも一緒に踊りましょう!』とお誘いをうけたものの、これには一歩引いてしまった私。今となってはちょっと後悔している。(サンバそのものが“馴染まない”のではなく、“まだ馴染んでいない”だけなのです、絶対!)
それにしても、この写真を見ただけでは、真岡市内の様子だとは誰も思わないだろうな…。