【10月16日】

国民健康保険運営協議会の視察研修で茨城県つくばみらい市へ赴く。同市は平成18年に守谷町と谷和原村が合併して誕生した。
今回の視察で最も目を引いたのは、国保税滞納者に対する同市の取り組みだった。平成19年度、預金・還付金・不動産等の差し押さえを実施したのは471世帯、金額にして約2億300万円にものぼる。地方都市でここまで件数が多いとは…正直驚かされた。無論『生活弱者をそこまで追いつめるのか?』という批判もあるかも知れない。しかし、担当者の話によれば、再三の連絡をしても反応がなく分割の納付もしていない悪質な滞納者のみに限定して差し押さえに踏み切っているとのこと。
ちなみに、真岡市の国保税収納率は84%(つくばみらい市は92%)、滞納の総額は約12億6,000万円にまで達している。滞納にも様々な理由があるだろうが、その一方で真面目に納税している市民がいることを忘れてはならない。国民健康保険の運営が困難になり、納税者の負担が増えてしまう前に、悪質な滞納者に対しては厳しい姿勢で臨む必要もあるのではないだろうか。