【9月29日・PM①】

この日は午後から『自治基本条例検討市民会議』が、二宮コミュニティセンターで行われたので傍聴に出向く。
私自身、自治基本条例については『協働のまちづくりを進めるためには絶対に必要だ』と、議会で再三にわたって訴え続けてきたこともあり、今こうして条例案をつくる段階に入ったことは非常に感慨深いものがある。
この日のテーマは『議会と市民の関係について』だった。会議時間のほとんどが市民会議のメンバーでもある宇都宮大学・杉原弘修教授のレクチャーだったため、会議に参加している他のメンバーから議会に関する意見は聞けなかったが(その点は少し残念な気がしました)、また次の機会にお邪魔してみたいと思っている。