【10月14日】

午前中に市議会だより編集委員会が行われた後、午後から議長の代理で『栃木市・西方町合併記念式典』に出席した。
西方町の合併については、『合併に賛成か、反対か』『合併するなら栃木市か、鹿沼市か』と、町内の意見が大きく割れる中で、町長の辞任劇などもあり、たどり着くまで混乱を極めた。そうした中にあって、平成21年に就任した古澤悦夫町長を中心に、よくぞここまでまとめ上げられたという思いを、部外者として見てきた我々としても強く抱く。
この日は、栃木市での合併記念式典の後、午後7時から東京の新宿区内で行われた『関東若手市議会議員の会』の役員会へ(副会長としての初仕事)。
来年1月に栃木県内で行われる研修会の打ち合せや、会員拡大の方針について話し合った。