【3月25日】

地元・大谷地区の総会に出席。平成23年度の事業報告・決算、24年度の事業計画・予算などが話し合われた。

23年度は東日本大震災の影響により、区費の大幅値下げを行い大半の事業を中止したが、24年度については従来の金額に戻すことになった。

これについて出席者(各組から持ち回りで選ばれる班長さん達)の1人から『物価の値上がりなどで誰もが厳しい生活を強いられているのだから、自分達に出される班長手当てを廃止して、その分だけでも区の人達に還元して欲しい』と区費の値下げを提案したことをきっかけとして、様々な意見が出され、予算案の可決に至らぬことに。

結局、予算案の話し合いは日を改めて臨時総会を開くことで話が落ち着いた。

河村たかし・名古屋市長が掲げている減税構想のような提案が、まさか自分の地元の地区で出されようとは…。

それだけ意識の高い地域に自分が住んでいることに誇りを感じる光景だった。そして、議員としてもっともっと襟を正して行かねばならないとも思った。