【11月14日~15日】

008東京の日本青年館で行われた『清渓セミナー』に参加した。

このセミナーは、地方議員や首長を対象として毎年この時期に行われているもので、今回が18回目となる。全国各地から約70名の参加者が集まった。

007005今年のメインテーマは『教育再生』。自分としては最も関心のあるテーマで、3日間のセミナーを全て受けたかったところであるが、地元での用事も重なり、2日目からの参加となった。それでも『ヤンキー先生』こと義家弘介・衆議院議員など、著名な方の話を聴くことができ、大いに刺激になった。

003ただし、今回のセミナーで最も印象に残ったのは、福岡県春日市の教育委員会で今年3月まで学校教育部長をされていた工藤一徳さんのお話であった。

市町村の教育委員会については、教員の人事権などを持たないこともあり『形骸化している』との指摘がされている。一方で、教育委員会の事務局は膨大な文書処理、予算執行の手続きなどの事務作業に追われている状況にある。

そうした中で、春日市の教育委員会では、予算執行などについて各学校に権限を委譲したほか、コミュニティスクールの導入、さらには教職員の多忙化対策として教育委員会への提出物の削減など、各種制度や事務内容の見直しを図った。

さらに、教育委員が行う予算の審議をより実効性のあるものとするため、時期を前倒しするなどの取り組みも行ってきたという。

『教員の多忙感』については、3日前に那須塩原市で行われた野嵐会の勉強会でも話題になったばかり。どういう制度設計をしていけばいいのか今後の課題であったが、工藤さんのお話は、政策をまとめていく上で非常に参考となる内容だった。