【2月18日】

2014022114190000朗読ボランティア『ひばりの会』の定例会に出席。この日は、年に1度の“3分朗読”が行われた。

普段は視覚障がい者への音訳作業、子どもたちへの読み聞かせなどを主な活動としている『ひばりの会』。毎週火曜日の定例会では、与えられたテキストを使っての練習が行われているが、この日は思い思いの作品(童話、小説、コラム、詩など)を持ち寄り、他のメンバーの前で朗読を披露する。制限時間は3分。

『自分の好きな作品の中から3分で内容を伝えられるもの』を選び、『朗読の経験を積んでいる人達の前で披露する』というのは、思いのほか難しいし緊張もする。

ちなみに、今回私は夏川草介さんの作品『神様のカルテ』の一場面を朗読した。