【2月23日】

009湯澤英之・鹿沼市議の『新春の集い』が同市内で行われ、県内の若手議員を代表して私がお祝いのスピーチを述べさせていただいた。

湯澤さんと私は、平成15年に初当選した同期。当時はともに30代前半、それぞれの議会で最年少議員(私はいまだに最年少ですが…)だったということもあり、お互いの悩みを打ち明けてきた仲。

017また、酒を酌み交わしては『いずれは、県内の若手議員で情報交換や政策研究ができるようなネットワークをつくりたいねー』と語り合ってきた。ただし、当時は『それはとても難しいことだろう』とお互いに思っていた。

しかし、現在10数名の若手議員が若手議員が集い、お互いの情報交換や選挙時の応援だけでなく、地域ブランドや教育問題などについて政策立案・提言もできる組織が立ち上がるようになった。

この10数年の足取りを振り返ると、非常に感慨深いものがある。