【3月4日】

市議会の民生産業常任委員会が開かれた。今回、議論されたテーマで中心をなしたのが平成26年度の当初予算について。

この常任委員会は、その名前が示す通り、福祉、農・工・商、さらには環境まで、非常に幅広い分野(担当しているのは、市役所内の11課に及びます)について話し合われる。

私の方からは、新年度から始まる『地域共助活動推進事業』や『まちなか保健室事業』について、実施に向けた今後の詳細なスケジュールを。さらに、ごみの有料化を目前に控えて、不法投棄の対策についての考え方について質問させていただいた。

中村かずひこ通信64号